イラク側は応じる様子はなく、この先のプロセスは不透明だ。

投票への反対の声は国際社会からも出ている。
米国務省のナウアート報道官は緊張を高め、地域を不安定にさせると指摘し、自治政府への支援を停止する可能性も示唆した。
隣国のトルコとイラン、イラクの外相は20日、米ニューヨークで会談し、クルド自治政府に対し改めて投票中止を求める共同声明を出した。
共同の対抗措置を検討することでも合意した。
声明は住民投票はイラク憲法に反しており、紛争を引き起こす恐れがあると警告した。
これまでのISの掃討作戦での成果が脅かされるとの懸念も表明。
トルコ政府は22日、閣議などを前倒しで開き制裁措置も選択肢に対応を協議する。
住民投票が 国内やシリアのクルド人の分離・独立要求に飛び火することを警戒。
トルコのユルドゥルム首相は22日、イラクやシリアの現状を変えうる行動は受け入れられない。
必要な措置を講じると強調した。
クルド人は1980年代のイラクのフセイン政権時代に化学兵器などで虐殺された過去がある。
湾岸後から自治を続け、イラク政府は予算の一部をクルドに配分してきた。
2003年のイラク後、クルドはイラク政府と連携しつつも、たびたび対立してきた。
現在はイラク政府からの予算配分は停止し、クルドの不満は高まった。
14年以降のIS掃討による混乱の中、クルドは実効支配する地域を拡大。
イラク政府との対立の原因ともなっている。
クルドではイラク政府への反発が強く、住民投票では独立 賛成が多数を占める可能性が高い。
現地メディアはクルドのバルザニ議長が独立に向けてイラク政府と交渉に入る用意があるとの発言を報じている。
イラク側は応じる様子はなく、この先のプロセスは不透明だ。
じゃあ、気になるキーワード「サイクルプラス」の掲示です。
サイクルプラス
高浸透型ヒアルロン酸にプラスして、様々な肌質においても高確率で保湿することができるよう、それぞれ違った役割を持つ5種類のヒアルロン酸をバランス良くサイクルプラスには配合されています。
これにより、角質深層部から角質表層部までの各層へと水分を補給することができ、弾力のある肌へと導きます。
配合されているヒアルロン酸は、低分子型2種(浸透型ヒアルロン酸・保水型ヒアルロン酸)と、高分子型3種(3Dヒアルロン酸・バリア型ヒアルロン酸・高吸着型ヒアルロン酸)です。
[PR]
by ngzi233 | 2017-10-13 12:47 | Comments(0)